Special Interviewスペシャルインタビュー

英語の力が、仕事を、趣味を、豊かにしてくれる 渡部健さん

英語の力が、
仕事を、趣味を、豊かにしてくれる

「中途半端」から脱却するためのカリキュラムとは

お笑い芸人
 渡部 建さん

RIZAP ENGLISHに入会したきっかけは?

出演番組をきっかけに英語を学ぶように。
真剣に英語の勉強を続けようと決心したんです。

学生のころを振り返ってみると、受験のための英語をひたすら詰め込んでいたのが、僕の英語学習だったように思います。短期間で詰め込むから、一定の期間は頭に入っているのですが、出ていくのも早い(笑)。だから、嫌いではなかったけれど「自分は英語ができる」という感覚はなかったかもしれません。ちゃんと英語を勉強したいな、という意識を持ったのは、お笑い芸人になって数年が経った30歳くらいの頃でした。当時、クイズ番組のブームがあって、何度か回答者として参加する機会に恵まれたんです。せっかくなので、クイズに正解したいから、その時期にいろいろな科目の問題集を見たりして勉強をしました。もちろん、英単語を覚えたりもしました。そんな中で、ふと「あ、そういえば受験生時代、英語がんばってたな」と思い出しまして。もともと英語は好きな教科だったし、漠然とですが、英語に対する興味が湧いてきて、英会話スクールに通ったりもしたんですよ。と言っても、当時通っていたのはガチガチにカリキュラムが決まったスクールではなく、留学生がアルバイト講師をやっているような、ラフな感じのスクールでしたね。その時は英語を学ぶ上で大きな目標もなかったので、何となく通ってダラダラ続けて、あまり身にならずにおしまい。やっぱり、受験とか、例えば「来年から留学する」みたいな明確な目標があって、ある程度追い込まれないと身に付かないのかな、と思ったのを覚えています。

40代に差し掛かるころ、NHKの教育番組からの出演オファーがありました。英語の番組です。どうやら、過去に僕がクイズ番組で英語の問題に答えたり、英会話スクールに通ったりしていたのを小耳にはさんだスタッフの方がいたようで、「渡部さん、英語できるんですよね?」という感じでオファーに繋がったみたいですね。ところがフタを開けてみたら、ぜんぜんしゃべれない。まあ、番組内では教わる側の立場ですからいいんですけどね(笑)。その収録を通じて毎週のように英語に触れるうちに、やっぱり英語って楽しい、という気持ちになったんですが、ほどなく番組は終了。その時、せっかく毎週英語の勉強ができて、少なからず単語やフレーズを覚えることができたのに、ここで終わってしまったら、また昔のように中途半端な状態で勉強をやめてしまうな、と思ったんですね。なんとか学ぶことを続けられないかな、と。加えて、自分にとって、昔以上に英語が必要なものになっているとも感じていました。2020年の東京オリンピックを前に日本を訪れる外国の方が増えている中、彼らに話を聞く機会も多くなっていくでしょう。そんな番組の企画があった時、通訳さん無しでちょっとした会話をこなせたら効率的ですしね。そんな状況を踏まえ、真剣に英語の勉強を続けようと決心したんです。とは言え、なんとなくダラダラと勉強しても続かないのはわかっていました。性格上、短期間でグッと集中してやらないと身にならない。もう、筋トレのイメージですよね(笑)。そんな時期に出会ったのが、RIZAP ENGLISHだったというわけです。「RAIZAPは厳しい」という話は聞いていましたけれど、その方が自分の性格に合っているかな、と。真剣に挑戦してみようと思っていたので、結果として願ったりかなったりでした。

受講後のご感想、成果として感じていることはどんなことですか?

昔からの外国人の友人に「(英語が)うまくなった」と
褒められる機会が増えたことがなにより嬉しいです。

先ほど言ったように、RIZAP ENGLISHは厳しい、というイメージは持っていました。実際にやってみると、やはりそれなりに厳しかった(笑)。もちろん宿題もありますし、「1日3時間の勉強時間が必要」と聞いた時は「ちょっと待ってくれ」と(笑)。でも、やっているうちに慣れてきますし、自分に合ったやり方も見えてくるものです。最初は、空き時間を見つけてちょこちょこ勉強していることも多かったのですが、僕の場合はちゃんと机に向かってガッと集中したほうが頭に入るほうなので、極力まとまった時間をとるようにしました。そもそも、トレーニングにしても、趣味にしても、短期集中の方が性格的に向いているんです。経験上、時間の合間を見てなんとなくやってみた趣味って、長続きしない。トレーニングも、1年かけて5キロ痩せるというプランより、1か月でなんとかして5キロ痩せる、という方がしっくりきます。日取りや時間をしっかり決めて、そこに向かって集中するのが性に合っていますし、成果を得るのも早いです。RIZAP ENGLISHは、そんな僕のスタイルにぴったりハマるものでした。やることが明確で、期間も決まっている。これだけの課題があって、いついつまでにここまでやる!と提示されるから、ひたすら頑張るしかない。ただ、頑張ったらがんばったなりの成果が得られる。ちょっと予備校の授業や、受験勉強に近いですね。僕らの世代にはそういうやり方が一番合っているのかもしれません。

とは言え、生活のリズムが不規則になりがちな仕事をしていますし、まとまった時間が作りづらいというのが現実でした。でも、そこで諦めるわけにはいかない。カリキュラムでは毎回テストがあるんですが、そこでいい点が取れないと、結構ヘコむんです(笑)。「宿題やらなきゃ」という思いよりも、テストでヘコみたくない、残念な思いをしたくない、という意識の方が強かった。だから、時間の使い方を考え直す機会になりましたよ。幸い、待ち時間や移動時間が長い仕事をしているので、やり方次第でまとまった勉強時間が創出できるんです。だから、無理矢理時間を作るというよりは、うまくやりくりする、という感じですかね。生活の無駄も見えてきます。朝勉強する、と決めていれば、前日の夜に長々とお酒を飲むようなこともなくなりますし、ぼーっとネットの動画を眺めている時間もなくなりました。とにかく、テストでヘコみたくないという一心で、スケジュールを組み立てる。これによって生活のリズムは改善され、好循環が生まれました。それと、トレーナーの方の教え方が新鮮で、目からウロコの瞬間が多かったという実感があります。特に、学生時代のように、「覚えるまで同じことをやみくもに反復する」のではなく、「わからなくてもいいから、とりあえずスピードを上げる」という勉強法を教えていただいたのが良かったですね。受講前は、「厳しくてスパルタな先生なんだろうな」という先入観もあったんですけど、そんなこともなく(笑)。1時間、集中して授業をうけるんですが、終わった後にトレーナーの方が長いメッセージをくれたりするんです。改善点や勉強法についてのヒントが書かれたメッセージですね。丁寧に授業をしてくれるだけでなく、勉強の仕方や気持ちの持っていき方についての相談にも乗ってくれるんですよ。これは安心感につながりますし、実際、励みになりましたね。

おかげさまで、短い間に、ずいぶん英語力がアップしたと思っています。中学文法からきちんと洗い直したことで、頭の奥底で眠っていた英語についての記憶もだいぶ掘り起こせたんじゃないかな。昔から僕のことを知っている外国人の友人がいるんですが、彼に「うまくなった」と褒められる機会が増えたことがなにより嬉しいです。確かに英語でのコミュニケーションもスムーズになっている気がしますから。ただ、まだまだやるべきことはあります。満足はしていませんよ。リスニングにしても、スピーキングにしても、完璧には程遠いと思っています。特にリスニングがあまり得意ではないので、もっと強化していきたいです。完全ではない分、もっともっとのびしろがあるはず。そう前向きにとらえています。

今後、身につけた英語力を生かして
仕事でどんなチャレンジをしたいですか?

外国の方への街頭インタビューを自分の力できちんとできるようになるのが当面の目標ですね。

僕が受けているRIZAP ENGLISH のカリキュラムって、沢山の単語や文法を覚えながら、その身に付けた知識で言いたいことをどう表現するか、ということを繰り返しトレーニングしていくんです。これまでは、英語で伝えたいことがあっても、「どう言えばいいんだろう」と難しく考えてしまうことがほとんどでした。それで結局何も言えないという。それはかなりのストレスですよね。でも現状、そのストレスはだいぶ軽減されていると思います。自信が付いてきているということなんでしょうか。相手が言っていることが分からなければ聞き直せばいいし、自分が言いたいこと、思っていることを、身に付けたいろいろな表現を駆使して伝えればいい。これって既にコミュニケーションが取れてるってことじゃないですか。英語に対して恐いものがなくなったと言っていいんじゃないかな。この感覚は、仕事の上でも、趣味を極めていくのにも、大きなプラスになると思います。

さっきも言ったように、これからは外国人の方々と絡む仕事も増えていくかもしれない。そんな時に、ほんの少しでも英語で会話できるだけで、コミュニケーションがよりスムーズに、そして上質なものになるはずです。通訳さん無しである程度話せて理解し合えたら、効率的だし、なによりカッコイイじゃないですか(笑)。外国の方への街頭インタビューを自分の力できちんとできるようになるのが当面の目標ですね。仕事だけじゃないですよ。自分の楽しいと思っていることが、より楽しくなるという面もあると思います。僕は旅行や食べ歩きが好きなんですが、海外で食事をするとき、レストランで何の苦も無くコミュニケーションが取れる。余計なストレスを感じることなく食事が楽しめるっていうだけで嬉しくなりますよね。海外のスポーツも好きだし、家族で外国に行く機会も増えていくでしょう。そうなると、英語ができるっていうだけで、旅そのものがどんどん豊かになっていくはずです。楽しみですよ。

RIZAP ENGLISHでのレッスンは、これからも継続していくつもりです。もう、英語の勉強が日常に定着しましたからね(笑)。その時々の自分のレベルや進度によって学ぶ内容が変わったり、テキストが変わったりするので、飽きることなく続けて行けそうです。今は、イラストを見てそれを英語で説明するっていう課題をやっているんですが、楽しいですね。これから、さらにスキルを身に付けて、可能性をどんどん広げていきたいと思っています。ワクワクしてますよ!

今は英語を学ぶのが楽しい。
さらにスキルを身に付けて、
可能性をどんどん広げていきたい。

RIZAP ENGLISH では、安心してスタートして欲しいので

30日間無条件全額返金保証!
入会前に無料で
ヒアリングから目標設定までを体験できる 無料カウンセリング予約

お電話でのご予約も可能です

0120-446-144

受付時間 9:00〜21:00(年中無休)

無料カウンセリング 今すぐ予約